学校事故 障害等級の解説

醜状の障害

顔の醜状障害

(1)顔の醜状障害

顔の醜状障害は、顔面部に残った醜状の大きさによって判断します。

(2)顔の醜状障害の認定基準

顔の醜状障害については、顔面部にほぼ鶏卵大以上の瘢痕又はほぼ10円銅貨大以上の組織陥没がある場合には「外貌に著しい醜状を残すもの」として第7級の12が認定されます。また、顔面部の長さ5センチメートル以上の線状痕で人目につく程度以上のものがある場合には、「外貌に相当程度の醜状を残すもの」として第9級の16が認定されます。さらに、顔面部にほぼ10円硬貨大以上の瘢痕又は長さほぼ3センチメートル以上の線状痕を残すものは、「外部に醜状を残すもの」として第12級の14が認定されます。ほぼ3センチメートル以上の線状痕については、乳幼児、低学年の児童の場合、第12級で2.5㎝以上とされています。

顔面神経麻痺は、神経系統の機能障害に該当しますが、その結果として現れる「口のゆがみ」は単なる醜状として、又は閉瞼不能は、眼瞼の障害として扱われます。

障害認定は、原則として、治ゆから6か月経過後の時点における醜状の程度によって行います。

この記事の執筆者

小杉 晴洋
小杉 晴洋

被害者側の損害賠償請求分野に特化。
死亡事故(刑事裁判の被害者参加含む。)や後遺障害等級の獲得を得意とする。
交通事故・学校事故・労災・介護事故などの損害賠償請求解決件数1000件超。

経歴
小杉法律事務所代表弁護士。
横浜市出身・福岡市在住。明治大学法学部卒。中央大学法科大学院法務博士修了。

所属
横浜弁護士会(当時。現「神奈川県弁護士会」)に登録後(損害賠償研究会所属)、福岡県弁護士会に登録換え(交通事故委員会所属)。

ホームページ制作 福岡