学校事故 障害等級の解説

脊髄の障害

脊髄損傷(頚髄損傷・胸髄損傷・腰髄損傷)

(1)脊髄損傷(頚髄損傷・胸髄損傷・腰髄損傷)の後遺障害等級の認定方法

脊髄が損傷された場合、四肢麻痺、対麻痺(下半身麻痺)となることが多く、その場合、広範囲にわたる感覚障害や尿路障害(神経因性膀胱障害)などの腹部臓器の障害が通常認められます。また、脊柱の変形や運動障害が認められることもあります。脊髄が損傷された場合には、複雑な諸症状を呈する場合が多いですが、脊髄損傷が生じた場合の等級の認定は、原則として、身体的所見、関節の可動域制限や徒手筋力の程度及びMRI・CT等によって裏付けることのできる麻痺の範囲と程度により障害等級を認定していきます。

麻痺のについて、「四肢麻痺」とは、両側四肢の麻痺、「片麻痺」とは一側上下肢の麻痺、「対麻痺」とは、両上肢又は両下肢の麻痺、「単麻痺」とは上肢又は下肢の一肢のみの麻痺のことをいいます。

(2)脊髄損傷(頚髄損傷・胸髄損傷・腰髄損傷)の後遺障害等級について

「せき髄症状のため、生命維持に必要な身のまわり処理の動作について、常に他人の介護を要するもの」は、第1級の3が認定されます。同等級が認定されるのは、①高度の神経麻痺が認められるもの②高度の対麻痺が認められるもの③中等度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの④中等度の対麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するものという4つの場合です。

「せき髄症状のため、生命の維持に必要な身のまわり処理の動作について随時介護をようするもの」は、第2級の3が認定されます。同等級が認定されるのは、①中等度の四肢麻痺が認められるもの②軽度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要するもの③中等度の対麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要するものという3つの場合です。

「生命維持に必要な身のまわり処理の動作は可能であるが、せき髄症状のために学校生活に著しい制限を受けているもの」は、第3級の3が認定されます。同等級が認定されるのは、①軽度の四肢麻痺が認められるもの(第2級の3②に該当するものを除く。)②中等度の対麻痺が認められるもの(第1級の3④又は第2級③にがいとうするものを除く。)という2つの場合です。

「せき髄症状のため、学校生活に制限を受けており、極めて軽易な活動しか行うことができないもの」は、第5級の2が認定されます。同等級が認定されるのは、①軽度の対麻痺が認められるもの②一下肢の高度の対麻痺が認められるものという2つの場合です。

「せき髄症状のため、学校生活に制限を受けており、軽易な活動しか行うことができないもの」は、第7級の4が認定されます。同等級が認定されるのは、一下肢の中等度の単麻痺が認められるものが該当します。

「通常の学校生活を送ることはできるが、せき髄症状のため、参加可能な活動が相当程度に制限されるもの」は、第9級の10が認定されます。同等級が認定されるのは、一下肢の軽度の単麻痺が認められるものが該当します。

「通常の学校生活を送ることはできるが、せき髄症状のため、多少の障害を残すもの」は、第12級の13が認定されます。同等級が認定されるのは、運動性、支持性、巧緻性及び速度についての支障がほとんど認められない程度の軽微な麻痺(軽微な随意運動の障害又は軽度の筋緊張の亢進が認められるもの)を残すものが該当します。また、運動障害は認められないものの、広範囲(概ね一上肢又は一下肢の全域)にわたる感覚障害が認められるものも該当します。

この記事の執筆者

小杉 晴洋
小杉 晴洋

被害者側の損害賠償請求分野に特化。
死亡事故(刑事裁判の被害者参加含む。)や後遺障害等級の獲得を得意とする。
交通事故・学校事故・労災などの損害賠償請求解決件数1000件超。

経歴
小杉法律事務所代表弁護士。
横浜市出身・福岡市在住。明治大学法学部卒。中央大学法科大学院法務博士修了。

所属
横浜弁護士会(当時。現「神奈川県弁護士会」)に登録後(損害賠償研究会所属)、福岡県弁護士会に登録換え(交通事故委員会所属)。

ホームページ制作 福岡